DJI、新型ドローン「Mavic Air」発表!4K30pで折りたたみ式、スロー撮影にも対応。

DJI、新型ドローン「Mavic Air」発表!4K30pで折りたたみ式、スロー撮影にも対応。

DJIから新型ドローンの「Mavic Air」を発表致しました。先日、DJI SPARKが発表されてから1年弱。ついに新しいドローンが出てきましたね。最近、トイドローンのDJI Telloも出てますが、やっぱりDJIといえばハイスペックなドローンで見ててワクワクしてしまいます。今回の「Mavic Air」も今までのDJIのドローンを超える素晴らしいドローンでしたので細かく特徴やスペックなどを紹介していきたいと思います。

ちなみに事前にリークされた情報通りに「Mavic Air」が発表されましたね。

DJIが新ドローンのMavic Airを発表?
 Mavic proの新型モデルを発表?本日、ギズモードジャパンより以下の様な記事がありました。DJI JAPANは、2018年1月25日に「個人向け新製品」の発表イベントを開催するとプレスに招待状をリリースしています。記事を読む限りだと、あくまで憶測の情報では...

Mavic Airについて

今回のDJIの新型ドローンは従来のSPARKとMAVIC PROの間にあたるドローンのようです。しかしながらそのスペックはSPARKよりもコンパクトになり、MAVIC PROと同等ともしくはそれを超えるスペックを持ち合わせています。

技術とデザインを集結させたマスターピースであるMavic Airは、私たちを未知なる領域へと連れ出してくれます。Mavicシリーズの最高の遺伝子を継承するMavic Airは、無限の探究心を満たすハイエンドな飛行性能と機能性を備え、究極の携帯性を実現した折りたたみ式ドローンです。

DJI公式HPより

Mavic Airの外観はこんな感じ

こう見ると、SPARKに少しに似てますね。

 

今回は送信機のスティックも着脱可能なので持ち運びも便利になっております。

DJIの公式の映像はこちら

 

Mavic Airの特徴

Mavic airの特徴はざっとこんな感じです。

・折りたたみ式なのでSPARKよりもコンパクト。
・4K30p撮影可能。
・3軸ジンバル
・最大飛行時間21分
・フルHDで120FPSのスロー撮影可能。
・SPARKと同様にジェスチャーでの操作が可能。
・3色のカラーバリエーション
・3方向の障害物検知
・32MPスフィアパノラマ
・クイックショット

クイックショットに新しく2つ追加

SPARKでは自動撮影機能としてロケット、DEONIE、サークル、螺旋の4つのクイックショットがありましたが、新たに2つ追加されました。

 

32MPスフィアパノラマ

通常の180°パノラマ写真の撮影が可能です。さらに25枚の写真を合成して下の写真のような映像が撮れるようです。

フルHD120FPSでスローモーション撮影が可能

フルHD120FPSでの撮影が可能なため様々なシーンでスロー撮影を行うことができます。

SPARKとMAVIC PROとスペックを比較

SPARKのスペックはほとんど超えております。サイズはSPARKより大きいですが折りたたみ式のため、コンパクトさでは勝っています。またジンバル、カメラ性能ではMavic Proに劣らない性能です。

価格は104,000円でMavic Proより少し安いですね。

DJI Spark DJI Mavic Air DJI Mavic Pro
サイズ 143×143×55mm 168×184×64mm 304×240×83mm(実測)
重量 300g 430g 734g
最大飛行時間 16分 21分 27分
バッテリー 1480mAh 2375mAh 3830mAh
最大速度 50km/h 68.4km/h 64.8km/h
最大静止画サイズ 3968×2976ドット 4056×3040ドット 4000×3000ドット
動画解像度 1920×1080ドット/30p 3840×2160ドット/30p 4096×2160ドット/24p
最大伝送距離 500m(送信機)、100m(Wi-Fi) 4km(日本では2km) 4km(送信機)、80m(Wi-Fi)
ジンバル 2軸(ピッチ、ロール) 3軸(ロール、チルト、パン) 3軸(ロール、ピッチ、ヨー)
価格 54,800円 104,000円 129,800円

すでに海外のyoutuberがレビュー動画を出してます。

発表は昨日の夜だったのにも関わらずもうレビューしてます。さすがですね。

SPARKの存在価値が無くなりそう?

Mavic Airのスペックを見てるとSPARKの機能のウリであるジェスチャー操作やコンパクトさも兼ね備えており、カメラや飛行性能では圧倒的に勝っております。そうなるとこれからSPARKを買う意味あまり無くなりそうな気がしました。しかし、価格の部分ではSPARKの方が半額近いので手の出しやすさではSPARKになります。

Mavic Proの方が良いなと思う点

Mavic Proより重さが半分近くになりました。軽量になることは良いことばかりではありません。軽量になることで風にあおられることが増えます。その点ではしっかり重さがあるMavic Proの方が良いと思われます。

 

Mavic Airの残念な点

本体のアーム部分は折りたためるのですが、プロペラは折りたたむことができません。Mavic Proは折り畳めておりましたが、Mavic Airはこんな感じになってしまいます。

発売日や価格は

価格は税込104,000円になります。発売日は1月28日ですぐになります。

すでにDJIストアでは購入が可能です。

最後に

Mavic airの登場により、さらにドローンを買う方が増えるのではないでしょうか。SPARKを超えた携帯性にMavic Proに匹敵するスペック、これから初めてドローンを買う方には最適なドローンではないでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で